What's New!

<ご質問、ご連絡> 

お問合わせ

 

 

子どもふれあい隊 プロフィール

流しそうめんを頬張る男の子
流しそうめんを頬張る男の子

★子どもふれあい隊の概要★

 

 茨城大学のサークル「子どもふれあい隊」は

平成19年に立ち上げられました。

 毎年8月中旬ごろ、茨城県大子町の廃校(初原ぼっちの学校)で2泊3日のキャンプの運営~活動を主な行事とし、

子どもが参加する様々なイベントのボランティアスタッフとして

活動しています。

 夏の"さまーすくーる"(キャンプ)は5月から準備を始め、

小3~中3年生を対象とし 大子町、水戸市から60人ほどの子どもが参加します。毎年、定員(60人)を超える応募があります。

普段の活動
普段の活動

 ★サークル構成★

 

子どもふれあい隊は茨城大学に所属するサークルで

現在男子25名、女子60名で

主に毎週水曜日と金曜日に活動を行っています。

学部構成は教育学部が半分以上を占めていますが

人文学部・理学部・工学部・農学部の人もいます。

子ども好きな人たちで様々な視点から物事を

考えて一生懸命活動しています。

 

子ども企画第2弾でスーパーボール作り
子ども企画第2弾でスーパーボール作り

 ★主な活動内容★ 

 

夏(8月中旬)に水戸市・大子町の子どもたちを

参加対象とした"さまーすくーる"を企画、運営することを主な活動としています。また他大学交流や子どもに関わるボランティア活動に参加しています。

茨城大学(水戸)にて活動内容を計画し"さまーすくーる"や"まんぷく祭","いばだいであそぼ"等を実施します。

 

テスト休みや、長期休暇もあります。

"さまーすくーる"の準備期間(5月~8月中旬)には

多くの学生が参加するようにしています。

 

その他の活動に関しては左項目の

年間スケジュールを参照してください。

 

 

 

※入隊希望者の方はお問い合わせからご連絡お願いします。